燃えろ!一歩(1)です。

海原一歩(いちふ)は将棋の天才少年。
わずか9歳ながら棋界の帝王と称される最強の名人・米原餓尊を打ち破ることのみを夢みて将棋に打ち込んでいる。
一歩は名人の家の離れを使って修行していたが、名人を打破するために、あえて米原の元を離れ元名人金森銀蔵に弟子入りする。
一歩は師匠の金森のかつての弟子、飛場健二と戦うことになった。
金森の娘、香子が一歩にプロの力を実感させるために仕組んだ対戦だった。
以前はプロとしてならし、「中飛車の飛場」との異名で恐れられた男を相手に、一歩は生まれて初めて屈辱の敗北を喫する。
一歩が対戦を切望する米原の名人位に挑戦する新鋭が現れた。
竜王寺誠。
並みいる強豪を倒し、すい星のごとく姿を現した18歳の高校生棋士だ。
この史上最年少の名人位挑戦者に対して米原は苦戦。
よもやの3連敗を喫し、崖っぷちに立たされる。
名人への険しい道のりを知った一歩は、師匠の金森と最初で最後の対決をする。
その関門を乗り越えない限り名人打倒の道が閉ざされる一歩は、壁を乗り越えるべく修業の旅に出る。
そして行き着いたのがプロ棋士・仁王兵馬八段の運営する将棋道場だった。
兵馬は米原を打倒することを人生の悲願とする男だった。
蛇男金村、狂い飛車の一角。
仁王兵馬の道場で出会った彼の愛弟子たちは一歩がそれまで対戦したことのない鬼神のごとき男たちだった。
彼らとの試練の対戦の過程で一歩は、いかなる反撃をも跳ね返す「必勝の陣形」すなわち完全将棋を探し求め将棋地獄に陥る。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60004767

Ads by Sitemix