三丁目の夕日(19)空想科学物語です。

一平くんは原っぱに空飛ぶ円盤が着陸したのを発見するが、誰も信用しない。
それから少し経った頃、不思議な転校生がやって来る……。
夕日高校三年の京子さん。
高校生活も残り少なくなった、ある日。
京子さんは親友の咲子さんとケンカをしてしまう。
原因は……。
時は二千数百年前、韓・魏・趙・齊・燕・秦・楚の七国が争う戦国時代の中国――。
超の大軍が、燕の小城、梁城を落とそうと、国境の易水川岸に軍を構えていた。
梁城では、城を守るため城邑防衛のエキスパート集団、墨家から墨者を呼んだ。
しかし、やって来たのは、革離(かくり)という名の男、唯一人だった……!城内に火を放たれた梁城の邑民たちは、それでも壁を守ることに専念していた。
趙軍の巷淹中将軍は邑民たちを城壁を釘付けにしておきつつ、大凧に乗せて革離暗殺のための兵士を送り込んだ。
趙軍の穴攻から二日後、一人の刺客・李光が梁城の城壁を上っていた。
なんとか城内に潜り込んだ李光だが、革離と誤って邑民の一人を殺してしまう。
梁魁は趙の刺客が潜り込んでいることを見抜き、革離は次ぎの日の朝、邑民を広場に集合させ、刺客を見つけ出すことに成功する。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60020368

Ads by Sitemix