ああ播磨灘(2)です。

天下無双の横綱、その名は播磨灘(はりまなだ)! 相撲界の禁を破り、鬼神のごとき勢いで連勝を続ける! とことん強く、誰よりも強い、どスゴイ横綱がここにいる!! 不動明王を信奉し、9月場所で新大関になった若不動(わかふどう)。
神仏をも恐れぬ男・播磨灘を地獄に落とさんとする若不動が、一世一代の大一番に臨む――!!天下無双の横綱、その名は播磨灘(はりまなだ)! 相撲界の禁を破り、鬼神のごとき勢いで連勝を続ける! とことん強く、誰よりも強い、どスゴイ横綱がここにいる!! 播磨に最後に土をつけた力士・紫電海(しでんかい)。
“学士大関”の異名をとる紫電海は、スピードと技を兼ね備えた近代相撲の申し子というべき天才肌の力士。
横綱・北道山(ほくどうざん)を破り、その頭をまたぐという暴挙をやってのけた播磨灘を紫電海が挑発する――!天下無双の横綱、その名は播磨灘(はりまなだ)! 相撲界の禁を破り、鬼神のごとき勢いで連勝を続ける! とことん強く、誰よりも強い、どスゴイ横綱がここにいる!! 播磨の仮面をつけた土俵入りは、さらにエスカレートしていく。
その戦いぶりも、鬼神のごとく、さらに負け相手に泥を塗るありさまだ! そんな播磨に妻に娶(めと)ってほしいと能面をつけた女性が現れた!天下無双の横綱、その名は播磨灘(はりまなだ)! 相撲界の禁を破り、鬼神のごとき勢いで連勝を続ける! ハワイ出身、体重250Kgの巨漢力士・富嶽(ふがく)。
突き押しを主としたプッシュ戦法を得意とする富嶽だが、その真の恐ろしさは、かつて相手力士の腰の骨を折り、廃業に追い込んだほどの破壊力ゆえに封印していたさば折りだった! 破竹の連勝を続ける播磨灘打倒のため、魔性のさば折りの封印が今、解かれる――!!お囃子(はやし)の軽妙な音に乗せられて、今日も今日とて真打ち海彦、破顔一笑、高座で一席! ――山遊亭海彦は、日本落語協会ナンバー2のお師匠さん・彦八の一番弟子。
噺(はなし)をやらせりゃ天下一品、だけど色気にムラッ気、シャレな話にゃめっぽう弱い! せっかく真打ちに上がれたものの、協会の機嫌を損ねて噺家人生はピンチの嵐! シャレは身を助けるのか?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60015884

Ads by Sitemix