地の果ての獄(下)についてのpage

明治中期、北海道・樺戸集治監に赴任した薩摩出身の有馬四郎助を中心に展開される数奇な人間模様。
時の政府高官はもとより、若き日の幸田露伴、山本五十六の実兄・高野襄、与力上りのクリスチャンで監獄教誨師の原胤昭、元からす組の細谷十太夫、独休庵(ドク・ホリデイ)と称する酔っぱらい医者、加えて秩父困民党、加波山事件や静岡事件、佐賀の乱の残党たちがクロスする意外性こそ著者の明治物の大きな特色。
アメリカ西部劇を思わせるスケールの大きさも魅力である。
ある夕暮れ、志保は偶然入った喫茶店のマスターに一目惚れをする。
以来、志保は雨が降ると、喫茶店へ向かうのだった。
そして夫がいるにもかかわらず、マスターに抱かれる志保だった。
しかしそこに待ち受けていた悲劇があった……。
 表題作「雨の日の恋」他、妖艶レディースホラー7編を収録!!心をしばる薬指のかわりに、すべてを断ち切る真っ赤なはさみがほしい。
たとえみずから傷つこうとも……。
大学卒業後、アナウンサーを目指して東京へ向かうセンリ。
神戸を離れられないうしお。
発車のベルが鳴り、シンデレラ・エクスプレスがいま、静かに走りはじめた――。
デビュー作『夢食い魚のブルー・グッドバイ』に続く待望の第二作。
書下ろし「鏡の森で 月夜の晩に」を併録。
思いのままに吹く風のように自由な医者タイガ、大きな愛情で優しくいたわってくれるダイチ。
一つを選ぶということは、一つをなくすということ。
ふたりのあいだでゆれる杏奈。
震災に裂かれた神戸と聖なるヒマラヤを舞台に描く書き下ろし恋愛長編。
欲しいものは手に入れる。
どんなことをしてでも――。
強くて、脆くて、繊細で、大胆で謎めき、揺れる女性の心の行きつく先は?怖く哀しい7つの物語。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009323

Ads by Sitemix