ガノン十力暗殺剣(1)の紹介ですね。

時は維新前夜。
風雲急を告げる京の都に忽然と現れた謎多き暗殺者が、侍たちを斬りまくる!幕末時代活劇の真打ち、遂に単行本化!! 悲しいときには涙し、くやしいときには怒り、生きることに情熱を燃やす。
友を裏切らず、美にあこがれ嘘をつかず、だまさずに、信ずるものには命をも賭ける。
成人になれば失うはずの、その心。
――それが、青春の尻尾!幸運というのは、ハゲ頭に三本の毛を生やした神さまなんです。
人間なら誰でも、その神さまが一生のうちに一度は、その人の前を通るんです。
そのとき、いち早く神さまを見つけてその三本の毛をつかむことが出来た者はとっても幸せになれるんです。
もし本当に、世のため人のために生きたいと願うなら、自分にその資格が備わるまで何もしないこと。
旅から旅をまわり、ただ人の世を見て歩くだけでよい。
見たことで怒り、感じたことで苦しみ、触れることで喜び、別れることで哀しむだけでよい。
それを知ってこそ初めて人々の上に立ち、真の平和を築くための資格を得ることが出来るのだ。
己が食わずとも人に食わせ、己が着ずとも他人に着せ、己の病よりも他人の病を気にかける。
たとえ地獄の苦しみの最中であろうと、手をこまねいて他人の苦しみを見ていることに、人間としての罪を感じている。
それが、孔明のやさしさです。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007387

Ads by Sitemix